新学期スタート

昨年から講師のお仕事もお受けするようになったのですが、現在は2つの学校へ講師として伺っています。
ひとつは京都芸術デザイン専門学校、もうひとつは大阪の「デジタルハリウッド大阪校」。

デジタルハリウッドは入学のタイミングが年2回(4月と9月)に分かれており、私は9月に入学した「本科UI/UXD専攻」の生徒へグラフィックデザインをお教えしています。

その9月生が先月入学式を終え、先日グラフィックの授業が本格的にスタートしました。
デジハリの特徴は専門学校とは少し違い、就職でデザイン業界を目指す方はもちろん、デザイン業界へ転職を目指す社会人の方も生徒にいらっしゃいます。
ですので、生徒一人一人のモチベーションや学ぼうとする意識は高いです。
ただ、時間的には1年(グラフィックだけでいうと半年)しかありませんので、その短い時間でデザインの全て(私の知っていること)を学ぶということはなかなか難しく、生徒にとっても非常に大変なことだと思います。
私としても明確な目標を持っている生徒の皆さんにお伝えできることは全てお伝えし、技術的なこともたくさんお伝えしたいと思いますが、まずは「デザインを楽しむ」ことをお伝えできれば、この業界に入っても長く続けられるのではないかと思って、「わかりやすい授業」でこれから1年間努めていきたいと、この学校での講師2年目を迎えて改めて心に思いました。
 

 


 

COPYRIGHT © 2020 A.D.GRAPHICA
ALL RIGHTS RESERVED.

CLOSE