オンライン授業

数年前から教壇に立たせていただいている「京都芸術デザイン専門学校」。
本校もコロナの影響で新年度の開始が約1ヶ月ほど延長し、今週からやっと新年度スタートとなりました。

しかし、この状況で生徒の方達を登校させることはできないので、学校の方針としてオンライン授業となりました。
しかも生徒は登校しませんが、講師は登校しなければならず、広い教室内に講師がポツンと一人だけの異様な光景です(笑

前もってオンライン授業を行うことは学校側から伝達がありましたので、授業内容をオンライン用に再構築して臨んだのですが、オンライン授業は対面授業とは勝手が違うため、自分の中でオンライン授業での進め方をシミュレーションしながら四苦八苦です。
オンラインミーティングとは違い、講義や技術指導、資料提供、実例の紹介、デザイン制作のワークショップなど、これら多岐に渡ることを大勢を相手にオンラインで行う授業は、準備段階から非常に骨が折れました。

しかし、実際に授業を終えて生徒の授業アンケートでは前向きな意見がほとんどで、私も一安心でした。
このオンライン授業や在宅ワークなど、コロナの影響で始めた新しいスタイルの良いところは部分的にでもいいのでコロナ禍が過ぎ去った後も取り入れていけば、コロナ禍がマイナスだけで終わらずに済むのではないかと改めて思います。
 
 
 

COPYRIGHT © 2020 A.D.GRAPHICA
ALL RIGHTS RESERVED.

CLOSE