たまごの、ひとりごと。【 2022年の目標 編 】

新年 あけましておめでとうございます!

弊社は、本日が仕事始めということで、
大阪城内の豊臣秀吉が祀られる「出世開運の神 〜豊國神社〜」を参拝してきました。


(↑↑↑ みんな大吉〜。出世に向けて、幸先の良いスタートです!)
 

さて、年末年始はどうお過ごしになられましたか?
年末年始に必ずすることはございますか?

私は必ず、1年間の抱負や目標を決めます。
「仕事」「スキル」「健康」「訪れたい場所」「食べたいもの」「したいこと」等
いくつかカテゴリー毎にリマインダーを作成し、これをクリアすることを軸に1年間を過ごします。

 
↓↓↓ 私が目標を立てる上で意識しているPOINTは3点 ↓↓↓

■実現可能な目標であること
■数字が入っていること
■何をもって目標達成とするか明確であること

 
例えば、「ブラインドタッチが早くなる」という目標を掲げたとします。
日々の練習で早くなっていくことを感じたとしても、「早くなる」という言葉が曖昧で、
いつまでに?どれくらい?早くなるのかが不明確です。

 
ですが、POINTに沿って「2022年4月1日までにオンライン模擬テストで2級合格する!」という目標にすることで、
3ヶ月間で2級合格するには、現在、右手の薬指と小指が苦手だから、ここを重点的に強化しよう。
そして2月上旬には、これくらいのスコアを取っておかないといけないな。
という、ゴールまでの道筋が明確になり、確実に目標達成に近づきます。

 
しかし、私は自分に甘々性格なもので・・・なかなか思うようにコトが進みません。
そんな時はどれだけ遅れているか、現実とゴールのギャップ把握し自分を焦らせます。
日々、現実とゴールとのギャップを埋める作業を繰り返し、2022年は掲げた目標の全てが達成できるよう頑張ります!

 
ちなみに、社長に「社長の2022年の抱負はなんですか?」と尋ねたところ、
「お昼ご飯の際に、大盛り&おかわりをしないこと!」とおしゃっていました。
が・・・その直後、昼食で注文したメニューは「おかわり自由のチャーハン」←あれ?
社長の健康のため、POINTOに沿って目標を立ててもらわないと〜(笑
 
 
そして目標に加え、デザイナーとして常日頃から自分に言い聞かせたいことがあります。
それは、「私は、120%クライアントの要望に応えられるデザイナーだ!」ということです。

 
たまごがびっくりするほどの大口を叩いておりますが、
これは決して上司やクライアントに「できるデザイナーだ!」と認められたいからだけではなく、
「私は、120%クライアントの要望に応えられるデザイナーだ!」という意識を持つことで、
クライアントの要望に応えられるデザイナーにふさわしい行動をとり、それが結果的に会社やクライアントへ
プラスに働くと考えるからです。

 
あのお笑い怪獣の明石家さんまさんもお正月番組で、
「俺はみんなが思っている以上に、自分はおもろいと思って生きてるんや〜!ファーーーー(引き笑い)」
とおっしゃっていました。
明石家さんまさんのように、世の成功者は高いセルフイメージを持っている傾向にあるそうです。
 
 
今年は、年女。
トラ(寅)イ&エラーの精神で、高いセルフイメージと謙虚な姿勢を忘れず、
人として、デザイナーとして進化できるよう頑張ります!
2022年もどうぞ宜しくお願いいたします。

COPYRIGHT © 2022 A.D.GRAPHICA
ALL RIGHTS RESERVED.

CLOSE